“つんざ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
84.4%
7.3%
4.6%
突裂2.8%
劈裂0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
貪欲界の雲はりて歩々に厚くり、離恨天の雨は随所ぐ、一飛一躍出でては人の肉をひ、半生半死りては我とく。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
カムポ・ピチェンに戰起りて、この者たちまち霧をき、白黨悉くこれに打たれん 一四八—一五〇
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
闇をく平次の聲を聞くと、宗次は縛つたまゝのお品を抱いて立ち上がりました。
善悪も邪正もこれ迄なりと入つたる此道、得たる此果、今は金輪崩るるとも、銕囲劈裂け破るゝとも、思ふ事果さでは得こそ止まじ、真夏のの日輪を我が眼の中に圧し入れらるゝは能く忍ぶべし
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)