“くだ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クダ
語句割合
43.9%
18.3%
14.2%
9.2%
4.0%
3.9%
1.1%
0.7%
0.7%
0.5%
下痢0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
下山0.2%
下江0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
下賜0.1%
0.1%
0.1%
口駄0.1%
0.1%
心角0.1%
0.1%
0.1%
空談0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
降下0.1%
0.1%
駆儺0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このこと、急務にあらざるに似たりといえども、にわかに弁ずべからざるものなれば、早く手をさざれば、その全成を期しがたし。
国楽を振興すべきの説 (新字新仮名) / 神田孝平(著)
それから段々年代がるに従って混乱がひどくなって、実際の発音としては全然区別が出来なかったろうと思う位になっております。
古代国語の音韻に就いて (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
戦争の荒し壊す力よりも、もっと大きい力が、砲弾にかれた塹壕の、ベトンとベトンの割れ目から緑の芳草となって萌え始めた。
勲章を貰う話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「さあそいつだってあぶねえものさ、飲むときまってを巻くし、打つと勝って来たためしはなし、買うとむやみに振られるしさ」
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
わずかに残骸を示す立木も白く枯れて、半ば折れかれている。正面の新火山の右に、松本山が丸坊主になって小さく見える。
天地創造の話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
——亞尼——微塵けた白色檣燈————双眼鏡などがる/\まぼろしと腦中にちらついてたが
重四郎はひと娘の部屋き見れば折節お浪は裁縫をなし居たるにぞんのを取出しお浪の何喰
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
八「笑かせアがらア、若大将に胡麻すりアがって脊負のくせに、割前が出ねえと思ってけアがると向うぶっかれねえ用心しやアがれ」
ただ少し身勝手だと思われる点は、例えば人種に本質的の優劣があるという例に、アメリカにおける黒人と白人との能率の比較をしているりなどがあるからである。
清々しさの研究の話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
酒屋にたゞすと、「にして、ぐん/\おりなさい、うするとちますよ、へい。」とつたものである。十日さなかつたのは僥倖ひたい——はひらけた。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「おい又八、何をひとりでぶつぶついってるんだ。……オヤ、ばかに青いして、げんなりしているじゃねえか。どうしたんだ、腐った西瓜でも喰らって、腹でも下痢したのか」
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
らねえ話だから俺あとめたんだ。
中山七里 二幕五場 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
鈴なりのものが、枝のしなうばかりにって、草の上にもいくつとなく、もう色づいた木の実がころがって居る、私達はる杖を振るって、その実でゴルフをやって遊び廻った
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
坂みちの卯の花す雨のなかを
星より来れる者 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
顧み勝ちに篠田は下山り行く、伯母が赤心一語々々に我胸を貫きつ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
ところへ、近頃、遠く物見に下江って行った一艘が帰帆してきて、玄徳に告げることには
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一冊の雑誌を取ってみても、一枚の新聞の中にも、或は喫茶店でされる会話の中にも、ファッシズムの浸透とそれに抗して打ちこうとする大衆の意志は対立して盛り込まれている。
その明くる朝は起きた時からあいにく空にが見えた。しかも風さえ高く吹いて例の防波堤ける波の音がじく聞え出した。欄干って眺めると、白い煙が濛々と岸一面を立てめた。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と上人が下したまうの一声のお言葉に群雀の鳴りをめて、振り上げしすになく、禅僧の問答にありやありやと云いかけしまま一喝されて腰のけたるごとき風情なるもあり
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
赤斑も出れば、痴呆面にもなる。手足の硬直譫言、……米磨汁のようなものをし、胆汁を吐く。息はまだ通っているのに、脈はまるっきり触れない。……なにもかにも同じなんだ。
顎十郎捕物帳:05 ねずみ (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
天道様が智慧といふものをにはさらない故仕方が無いと諦めて諦めても、い奴等が宮を作り堂を受負ひ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
鉢形鍋形の土噐に外面のりたる物有る事は前にも云ひしが、貝塚發見の哺乳動物の長骨中には中間より二つにきたる物少からず。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
現に稍々大なる石材きて漸次目的形状とせしむるを得るなり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
下賜しおかれた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
のが、一だこだよ。」と、威張っているものもあれば、それにけまいとって、をどんどんしているものもありました。
西洋だこと六角だこ (新字新仮名) / 小川未明(著)
りんどうの花はまれた天河石と、かれた天河石で組み上がり、そのはなめらかな硅孔雀石でできていました。
ほんとに口駄らないよと云うのを何だと思えば、それあの燭台の前に居る、あゝあの服を着た方よ、好男子が居ると高ちゃんが云うから行って見ると、眼鏡の金縁へりが映ってそれで顔が光るのよ
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
酒間にいろいろけて話し合いました。岡倉氏は、話がまってばしい。
もとほり心角吹けば
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
愛卿伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
徳久利でどうして舂くのかといったら、薬研では玄米けてしまうから、貧乏徳久利で舂くのだといった。
皺だらけの腕をってみせて、「まだまだ若いものではしょうむない。毎日私か小言のいい続けどす」まるで何を言っているのか、拘攣したように変なところに力を籠めて空談を巻いている。
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
伯龍の「吉原百人斬」は、八つ橋と栄之丞が歓語のりより、八つ橋は全然かげにゐるこの住居のシーンの方が、余程艶麗である点がおもしろいとおもふ。
吉原百人斬り (新字旧仮名) / 正岡容(著)
づかしや女子不似合ものりも一重活計のみならず便りもがなねたやの一なりしがしあやしくありて不圖れられし黒塗塀勝手もとにひせしにてけば御稽古がへりとやさまのしたるひよく御門内引入るゝとてでんとする行違ひしがれけんがさしたる櫛車には
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
庚午、皇子大津を訳語田賜死らしむ。時に年廿四。妃皇女山辺徒跣にして、奔赴きてぬ。見る歔欷く。皇子大津は天渟中原瀛真人天皇(天武天皇)の第三なり。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
「父からされた盃だ」
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
秒一秒んでく、甲板叫喚はます/\しくなつた。に「端艇せい。」の號令いて、一の端艇波上降下つた。此時春枝夫人見返つたのである。
色斯きてがり、って後る。曰く、山梁雌雉かなかなと。子路えば三たびげてつ。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
第四種(触穢編)り、悩み、忌諱、触穢、厄落とし、厄払い、駆儺祓除
妖怪学講義:02 緒言 (新字新仮名) / 井上円了(著)