“母子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おやこ88.5%
ふたり4.9%
ぼし3.8%
オヤコ2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
和尚さまは『お気の毒であるが、母子は一体、あなたが禍いを避ける工夫をしない限りは、お嬢さまも所詮のがれることはできない』
半七捕物帳:01 お文の魂 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
崖の山藤が這い伸びて、欄の角柱からひさしに花のすだれを見せ、そのつよい匂いに飽いた蜂が、時折、母子の机をおびやかした。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お勢母子の者の出向いた、文三は沈着て、徒然と机の蹲踞ッたまま腕をに埋めて懊悩たる物思いに沈んだ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
・街のひゞきも見おろして母子の水入らずで
行乞記:12 広島・尾道 (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)