“石材”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せきざい62.5%
いし37.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ゆゑにそのをいるゝ棺槨には恒久的材料なる石材ひた。もつとも棺槨最初木材つたが、發達して石材となつたのである。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
それらは當時支那からつた石材せて、つくつたものとはれます。またこのしい楕圓形眞中に、のあるものなどもあります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
「お気の毒なことに金之丞様が駆け付けて、いろいろ介抱なさいましたが、軒下に積んだ石材に頭を打ちなすって——」
雨露ぐ軒はまだしも、堂の縁の下、石材や、材木と一所にのたっている宿なし同然な身の上だで、御挨拶も手続も何も出来ねえですで、そこでもって直訴だでね、生命がけでえてえだな。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)