日本建築の発達と地震にほんけんちくのはったつとじしん
一太古の家と地震 昔、歐米の旅客が日本へ來て、地震のおほいのにおどろくと同時に、日本の家屋が、こと/″\く軟弱なる木造であつて、しかも高層建築のないのを見て、これ畢竟地震に對する災害を輕減するがためであると解してくれた。 何事も外國人の説を …
作品に特徴的な語句
たい あたふ しやう たゞち かく 詳細せうさい かうむ ぢう 構造こうさう しやう あらは 京都けうと 畢竟ひつけう せう うへ かい まづ たつと をく じやう かふ まへ さう あた いへ 威嚇ゐかく 引越ひきこし みづか おほ 塵芥ぢんかい つひ くわん 批評ひへう さゝ いにしへ 明瞭めいれう 公衆こうしゆ たと さい 構造こうざう いたゞき けん 入念にふねん まつた くわん 見當みあ えう 宮殿きうでん ぶん 草葺くさふき てき つひ 旅客りよきやく 生活せいくわつ 文武もんぶ しゆ 頑丈ぐわんぜう 往時わうじ 軟弱なんじやく 推測すゐそく だい なに こゝろ かん たふと けん 城堡ぜうほう 思想しさう おう すくな やうや とく 特殊とくしゆ 現象げんしやう 岡倉をかくら 巨大きよだい ねん 毫毛こうもう ひき がう 生命せいめい 自家じか もち のち 考慮かうりよ かなら 必要ひつえう 快適くわいてき いか 普及ふきふ 案外あんぐわい