“公衆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうしゅう44.4%
パブリック22.2%
こうしゆう11.1%
こうしゆ11.1%
ひと11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、もしこれがにおいてはどうであろうか、公衆と、新聞紙とはずかくの監獄は、とうに寸断にしてしまったであろう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
この時、この美しい被害者が、大戦と生なましい関係のある、政府の病院班に現務中の赤十字看護婦だという意外な展開は、公衆の関心を倍加させ、弥が上にセンセイションを唆るに充分だった。
土から手が (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
格子には公衆次第つてる。アンドレイ、エヒミチは、ミハイル、アウエリヤヌヰチの公務邪魔るのをれて、其丈にして立上り、れて郵便局た。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
社會は一回轉した。各個人極端生命んじ財産ぶ、都市は十發達して、魁偉なる建築公衆威嚇する。科學進歩する。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
「僕は自分の妻を、公衆に見せるのはだな。」
遠藤(岩野)清子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)