“進歩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんぽ83.3%
プログレス5.6%
すすむ5.6%
すゝみ5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「これが成功したら、まったく、わってしまうだろう。いったい、この、どこまで科学進歩するものだろうか?」
おばあさんとツェッペリン (新字新仮名) / 小川未明(著)
むろんカンカン(卑猥な舞踏の一種)です。それもほかにはとうていないような、またわたしの時代にもなかったようなやつです。さよう、これにも進歩が見えますよ。
いや実にいものだ。この力強い文章はどうだ。それに引証の該博さは。……この塩梅進歩としたら五年三年の後が思い遣られる。まず一流という所だろう。
戯作者 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
鐵車進歩兎角はしくない、運轉係水兵も、此時餘程疲勞れてえたので、へた、人間精力にはがある、からかゝる深林突進するのは