“精力”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せいりよく40.0%
せいりょく20.0%
せいりき13.3%
ちから13.3%
エネルギー13.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼等多量嚥下することによつて精力恢復滿足するのである。でも地上かな繁茂する季節れば自然乾草ふやうになる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
僕はおどろいたが、すっかり精力をなくしているので、立上って逃げ出す元気はないばかりか、それに抗議する声さえ出なかった。
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)
五體にみなぎる精力が、兩のにおのづからまる時、わがたましひは流るゝ如く彼に通ひて、はじめて面も作られまする。但しその時は半月の後か、一月の後か、あるひは一年二年の後か。
修禅寺物語 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
鐵車進歩兎角はしくない、運轉係水兵も、此時餘程疲勞れてえたので、へた、人間精力にはがある、からかゝる深林突進するのは
記録されてゐる、凡ての雰囲気が、みんな水に化けてしまふかとばかりに、一団の雲とも、水蒸気ともつかぬ精力になつて、吹つ飛んでゆく。
天竜川 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)