“せいりよく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
勢力62.5%
精力37.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さてその北朝鮮には高句麗といふ朝鮮人てられて、支那人勢力がだん/\なくなつてしまひました。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
餘震勢力地震動としての破壞力は、最初本地震比較して微小なものでなければならぬ。くの實例するも其最大なる場合でも十分以下である。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
に、黒髪よ、白百合よ、と恍惚れて、偉大なるは、らるべき佳作むがめ、良匠精力をして時間さしむべく
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
精力はある、覇氣はある、酒はける、女には眼が無い、ツたく謂ツたら頑固な利かぬ氣のさんで、別の言で謂つたら身分の高い野蠻人である。其の馬鹿に體面血統を重んじて。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)