“ちから”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:チカラ
語句割合
76.1%
主税4.5%
能力2.4%
力量2.1%
1.8%
腕力1.6%
威力1.3%
權威1.3%
権力1.0%
威能0.5%
權能0.5%
膂力0.5%
権威0.5%
火力0.5%
精力0.5%
0.5%
資力0.5%
器量0.3%
意力0.3%
才能0.3%
抵抗力0.3%
0.3%
本能0.3%
権能0.3%
0.3%
武力0.3%
生命力0.3%
神通力0.3%
蠱惑0.3%
通力0.3%
金力0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
按摩に、べりの水除ると、両手をかけて、ズイとばし、てゝえて様子、——とふ。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
山岸主税は両国広小路の、例の曲独楽の定席小屋の、裏木戸口に佇んで、太夫元の勘兵衛という四十五六の男と、当惑しながら話していた。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
自由宗教より来る熱誠と忍耐と、これに加うるに大樅小樅の不思議なる能力とによりて、彼らの荒れたる国を挽回したのであります。
女といふものはよく目端の利くもので、平素から良人の腕前はちやんと見貫いてゐるから、その力量一つで背負ひ切れないと見ると、直ぐ神様のへ駈けつける。
「其の名を信ぜし者にはを賜いて之を神の子と為せり」とある其事である(約翰伝一章十二節)、単に神の子たるの名称を賜わる事ではない、実質的に神の子と為る事である
開けっぱなしで明るくて、智慧と腕力のある奴が、智慧と腕力のあるうち、お頭になっていられるのだからなあ。ところが裟婆はそうはいかねえ。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
水らしい水とも思わぬこの細流威力を見よと、流れ廻り、って、黒白ぬ真の闇夜蹂躪る。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
黄金積むもの、權威あるもの、たゞしは玉のかんばせの佳人とても、この夢に、もるゝはあらじ、あなおろかや。
北村透谷詩集 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
誰か彼等より、不死の性を奪う権力をか授けられたる、偉大なるは常念岳である。
奥常念岳の絶巓に立つ記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
ベアトリーチェは容貌を變へき、思ふに比類なき威能み給ひし時にも、天かく暗くなりしなるべし 三四—三六
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
かれら荒ぶる勢ひにあたれば、そこに叫びあり、憂ひあり、歎きあり、また神の權能を誹るあり 三四—三六
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
彼女みずから膂力があれば、法印のうしろからむしゃぶりついて肩先にも噛みつきたいと思ったようであったが、案外、雲助どもが、手足が利かず、たちまち敗亡して
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
その一本は杉箸で辛くも用を足す火箸に挾んで添える消炭の、あわれ甲斐なき火力を頼り土瓶の茶をばむるところへ、遊びに出たる猪之の戻りて、やあ父様帰って来たな
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
わしの精力犠牲にしていたが、ら二人も同じ燈に釣られ、わせられたそうな、ようわせられた! ……竹藪にかけてあるにかけて、金地院範覚は生け捕った! 汝を料理した血だらけの手で
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ヨブは幾千年前アラビヤの曠野にこの星を仰ぎ見て、神のと愛とをったのである。我ら今日この星を仰ぎ見て同じく神を懐い、古人と心相通ずるの感を抱かざるを得ない。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
しかし今日では病院は、資力以上贅沢っているので、余計建物余計などで随分費用っているのです。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
そなたがおうと、神界ではすでに人民いをれ、小桜神社てさせることにめた。そなたの器量神界もかも御存じじゃ。
指導役のおさんにってましても、あまり要領られませぬ……。つまりではないが、りある器量ではどうにもしょうがないのでございましょう。
生と希望と意力を呑み去りて
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
あたかも弟子が、そのしく知れる事においては、わが才能を現はさんため、くかつ喜びて師に答ふるごとく 六四—六六
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
てに共通した手法方針は、由來化物形態には何等不自然箇所がある。それを藝術自然さうとするのが大體方針らしい。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
その心もその身体と同じように丈夫に美しく育ちたいと熱心にのぞむ本能を与えられているのだと私は思っている。すべての人の親はみなそう思うことができるであろう。
最も楽しい事業 (新字新仮名) / 羽仁もと子(著)
智慧権能とは神にあり、智謀と穎悟も彼に属す」る事を、この世の各方面にわたりて実証している。辞句の意味は説明せずしてかである。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
人の高く登るを見て己が及び名を失はんことをおそれ悲しみてその反對を求むる者あり 一一八—一二〇
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
……が、何の利益があろう! ……武家が武力で取った権じゃ、宮方がそれを取り返そうとなら、やはり武力で取り返さねばならぬ。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
と、その時まで、塚の真下に、小岩を抱いて、奄々とした気息で、伏し沈んでいた典膳が、最後の生命力を揮い、胸を反らせ、腰をらせ、のけ反った。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
今夜から範覚は以前どおりに、わしがねんごろに介抱してやる! どんな男もきゃつには及ばぬ! きゃつがわしから飛んで行って以来、わしは神通力を失ってのう。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そして、磁石にでも引かれるように、その人間放れのした蠱惑に、ぐいぐいと引かれていったのです。
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
小次郎の背後にいる者は、を投げて姥の体を、胴から二つに切り割った右衛門と、幽霊女と鶏娘と、そうしてそれらの人々を、速い足で探しあて、失った通力を取戻そうとして
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
も吉兵衞はよりる身ならねば乳母ゆべき金力情け有家へ便めて晝夜をたず少し又はの粉や甘酒と一日々々を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)