啄木鳥 いにしへ聖者が雅典の森に撞きし、 光ぞ絶えせぬみ空の『愛の火』もて 鋳にたる巨鐘、無窮のその声をぞ 染めなす『緑』よ、げにこそ霊の住家。 聞け、今、巷に喘げる塵の疾風 よせ来て、若やぐ生命の森の精の 聖きを攻むやと、終日、啄木鳥、 …
作品に特徴的な語句
カア タイ ひた 兄弟オトドヒ タケ 水底みぞこ 酔漢ヱヒドレ フミ ぢよ たふ せは ねがは かうべ おほ ター もと 雅典アデン 鉄槌てつつゐ うづた やは 曠野くわうや 主婦カミ かは 何方いづかた 匇々さうさう 泥土ひづち かく 商人あきびと 重傷おもきず そそ くし つがひ 生肌ナマハダ 疾風はやち つた あふ さはや ほほ 情夫まぶ 火焔ほのほ ゐや むな 揺籃ゆりご 築地ついぢ なれ とざ しづま なまめ 三歳みつつ もと 小躍こをど 愛児マナゴ ぬか 今様イマヤウ 伴侶とも なめ 静心しづごごろ ゑが 怨恨ゑんこん 霊魂たましひ さが 浮気ウハキ 流離りうり 最後をはり 経上ヘアガ ひざま ふく かみ 翡翠ひすゐ 土蔵どざう はうむ あや かこひ さかん かひな つひ 荘厳おごそか 遺骸ゐがい 輪廻めぐり あめ しば いくさ やみ ひま にな 蝋燭らふそく