權能ちから)” の例文
新字:権能
答へて曰ひけるは、われこゝにくだりてほどなきに、ひとりの權能あるもの勝利休徴りて來るを見たり 五二—五四
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
かれら荒ぶる勢ひにあたれば、そこに叫びあり、憂ひあり、歎きあり、また神の權能を誹るあり 三四—三六
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
導者我に曰ふ、天使の喇叭ひゞくまで彼ふたゝび身を起すことなし、仇なる權能來るとき 九四—九六
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
このの頂まで汝を導く權能をさして今我汝に請ふ、時到らばわが苦患へ。 一四五—一四七
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)