“權能”のいろいろな読み方と例文
新字:権能
読み方割合
けんのう60.0%
ちから40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仍且氣に懸ツてならぬ。そして惱む。幾ら美術家でも、女の心まで裸體にして見る權能がないから爲方が無い。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
宗助のするくにつた。しかもちながら、自分人並撞木くべき權能がないのをつてゐた。それを人並らしてれを嫌忌した。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
答へて曰ひけるは、われこゝにくだりてほどなきに、ひとりの權能あるもの勝利休徴りて來るを見たり 五二—五四
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
かれら荒ぶる勢ひにあたれば、そこに叫びあり、憂ひあり、歎きあり、また神の權能を誹るあり 三四—三六
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)