人魚謎お岩殺しにんぎょのなぞおいわごろし
今こそ、二三流の劇場を歩いているとはいえ、その昔、浅尾里虹の一座には、やはり小屋掛けの野天芝居時代があった。 それでこそ、その名は私たちの耳に、なかなか親しみ深くでもあり、よしんばあの惨劇が起らなかっ …
作品に特徴的な語句
唐桟とうざん よし 亢奮こうふん 掻巻かいまき くさび 襟首えりがみ かす 並木なみき 生血なまち 熾烈しれつ 脂肪あぶら 干潟ひがた 獣物けだもの 縊死いし 群青ぐんじょう 女形おやま 比喩たとえ 銷沈けうと 羽二重はぶたえ たつ 蠱惑ちから 座頭ざがしら 生際はえぎわ 蠢動しゅんどう 頂辺てっぺん 髪毛かみのけ 下座げざ 隠密おんみつ 仮髪かつら 安穏あんのん 轆轤ろくろ 所在ありか てい 律動リズム 一塊ひとかたまり 物懶ものう 毛孔けあな あし 間近まぢか 相剋ひしめき 色褪 玻璃ギヤマン 寡黙かもく 衣擦きぬず みつ 嚥下えんか 幕間まくあい 身嗜みだしな かもじ 後々あとあと 所業しわざ 暹羅シャム 蒼々あおあお 金剛石ダイヤモンド 雲母きらら 癒着つけ かた 撞着どうちゃく 漏斗じょうご 膏肓こうこう 贅言くだごと 閉場はね 隠亡おんぼう 衝撃ショック へん あし 舞台せかい 口誦くちずさ 往時むかし 侏儒しゅじゅ 危懼あぶな 小平こへい 奇異ふしぎ 浮腫むくみ 夢幻オーロラ 手掌てのひら 昇汞しょうこう 丁抹デンマーク 毒気どくけ 白毛しらが 姉川あねがわ 快走艇ヨット おや 鬼畜ひとでなし 慣例しきたり 高座こうざ 三稜鏡プリズム 沃度ヨード 法水のりみず 丁半ちょうはん 背高のっぽ 附会こじつ 比例プロポーション 小六ころく きら 千秋楽らく 打衝ぶつ 節奏リズム