人魚謎お岩殺しにんぎょのなぞおいわごろし
今こそ、二三流の劇場を歩いているとはいえ、その昔、浅尾里虹の一座には、やはり小屋掛けの野天芝居時代があった。 それでこそ、その名は私たちの耳に、なかなか親しみ深くでもあり、よしんばあの惨劇が起らなかったにしろ、どうしてどうして忘れ去れるもの …
作品に特徴的な語句
ふく ほの しな おぞ つな 倦怠けだる 兄妹あにいもうと 執念しぶと しゅう かた せせ とっ 舞台せかい 背高のっぽ かたわら 相剋ひしめき 微笑わら 眼前まのあたり かす 夢幻オーロラ かさね けぶ 玻璃ギヤマン しずく 提琴たてごと いかづち まば 眩暈めま あば あや がき 尾鰭ひれ こた なま なだ 色褪 上手かみて ねじ へん 所作しぐさ 何処いずく 慣習しきたり えれ 癒着つけ 内儀ないぎ 浮腫むくみ 真実まこと まばゆ こく たか 危懼あぶな いじ 毒気どくけ 座頭おやじ つい かた 贅言くだごと 臥床ねどこ 打衝ぶつ あぎと あし あわただ 蠱惑ちから 後々あとあと まとま 彼処あすこ 襟首えりがみ かなめ 絞盤ろくろ 結節むすびめ あし けだもの 鬼畜ひとでなし 癒着くっつ 住居ずまい 何処いずこ 何故なにゆえ おのの 侏儒しゅじゅ 離業ケレン へこ 階調ハーモニー しま 附会こじつ みひら 比喩たとえ てい わたし 蹌踉よろめ 嬰児えいじ