“鬼畜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きちく85.7%
ひとでなし14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鬼畜か悪魔か、とにかくすこしも油断はならない。望月大尉は、二号艇へ「警戒せよ」と、テレビジョンの中から手先信号で、注意をあたえた。
宇宙戦隊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
元来、端公という職は、冷血、鬼畜のごとく、眼光、のようでなければ、勤まらないといわれているのだ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ねえ先生、やはりあの鬼畜は、わっしだったのですよ。そして、座頭が云った風云々という言葉は、暗に私たちの関係をら笑ったものなんです
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)