“鬼畜”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きちく83.3%
ひとでなし16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鬼畜”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
火をくぐり、血しぶきを見、腐れたしかばねきもを冷やし、人間のする鬼畜きちくごうまなこにするうち、度胸もついて参ります
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
火をくぐり、血しぶきを見、腐れたしかばねきもを冷やし、人間のする鬼畜きちくごうまなこにするうち、度胸もついて参ります
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)
ねえ先生、やはりあの鬼畜ひとでなしは、わっしだったのですよ。そして、座頭おやじが云った風云々うんぬんという言葉は、暗に私たちの関係をせせら笑ったものなんです
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)