“鬼婆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おにばば53.3%
おにばばあ20.0%
おにばばア6.7%
ばあ6.7%
をにばば6.7%
ヤガ6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蝶子も客の手前、粋をきかして笑っていたが、泊って来たりすれば、やはり折檻の手はゆるめなかった。近所では蝶子を鬼婆と蔭口たたいた。
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
けれどもにもうしろから鬼婆襟首をつかまれそうながして、ばかりわくわくして、がわなわなふるえるので、一向みません。
安達が原 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
「泣かないでも可いじゃアないか。お前さんは亭主の言いつけ通り為たのだから可いじゃアないか。フン何ぞと言うと直ぐ泣くのだ。どうせ私は鬼婆だから私が何か言うと可怕いだろうよ」
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
従来此深山にりて人命をひしものに十余名、到底深入することをより山中にろしき鬼婆ありて人をして之をふ、らざるも人一たひを此深山にるれは
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
と、バサウリュークの顔は急に生気を帯びて、その両眼がぎらりと光つた。『やつと鬼婆めが帰りをつたな!』さう彼は、歯の隙間からつぶやいた。