夫婦善哉めおとぜんざい
年中借金取が出はいりした。節季はむろんまるで毎日のことで、醤油屋、油屋、八百屋、鰯屋、乾物屋、炭屋、米屋、家主その他、いずれも厳しい催促だった。路地の入り口で牛蒡、蓮根、芋、三ツ葉、蒟蒻、紅生姜、鯣、鰯など一銭天婦羅を揚げて商っている種吉は …
作品に特徴的な語句
わて 飾窓ウインドー 材料もと はろ きら ぱし ばら 夜更おそ めん 尿にょう まっ 下手げて 沢山ぎょうさん 註文いい むな 都合ぐつ 仲介ちゅうかい 主人うち あせ たが 人気じんき 牛蒡ごんぼ 河童がたろ 稼業しょうばい きたな じる げん 大夫だゆう りき 手伝てつど じょう かろ かか 収入みい 地震じしん ぐせ くい あや かか たず むすめ すわ だれ ばち もろ ふん 振舞ふるま 夫婦めおと だん むね 大患たいかん 身振みぶ けん 明日あした 一瞬いっしゅん 小遣こづか 襖紙ふすまがみ 情緒じょうちょ 退 あわただ ひま のが 嘲笑ちょうしょう くら はま さら おさ さかずき 臭気しゅうき しゃく 葬式そうしき うか 動揺どうよう さい 阿呆あほ 馴染なじ 機会しお あま だま