“臭気”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
におい48.7%
しゅうき26.9%
にほひ16.7%
くさみ3.8%
かざ1.3%
しうき1.3%
エア1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大なを打込んで、身を横にしてれるばかりに土の塊を鋤起す。気の遠くなるような黒土の臭気として、鼻を衝くのでした。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
口中に臭気あるをらず師の前に出でて稽古しけるに、春琴例のごとく三の鏗然きてそのまま三味線を置き、顰蹙して一語を発せず
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
『穢多には一種特別な臭気が有ると言ふぢやないか——嗅いで見たら解るだらう。』と尋常一年の教師は混返すやうにして笑つた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
そして犬のように臭気を嗅ぎながら、雑草の葉っぱを前歯でちょっぴり噛ってみたり、蛙の後脚をそっと舌でさわってみたりした。
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
「これから家へ行くと、お酒の臭気がして阿母アはんに知れますよつて、もうちいと歩いて行きますわ。をツさん別れまへう。」
鱧の皮 (新字旧仮名) / 上司小剣(著)
堀割丁度真昼引汐真黒ない泥土を見せてゐる上に、四月のい日光に照付けられて、溝泥臭気に発散してる。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
港いっぱいに植民地的臭気が充満して、女達は昨夜の顔へまた紅をなすり、家々の窓へさわやかな異国の風が吹き込み、猶太人の両替屋に不思議な貨幣があふれ