鱧の皮はものかわ
郵便配達が巡査のやうな靴音をさして入つて来た。 「福島磯……といふ人が居ますか。」 彼は焦々した調子でかう言つて、束になつた葉書や手紙の中から、赤い印紙を二枚貼つた封の厚いのを取り出した。 道頓堀の夜景は丁どこれから、といふ時刻で、筋向うの …
作品に特徴的な語句
わたへ しつ 六歳むつゝ 機会しほ せゐ こぼ 阿母おか いつ そつ なくな うつぶ あやぶ 大切おほぎり 対岸むかうぎし いぢ 臭気かざ やゝ はま すゑ なぶ 打付ぶつ 此方こつち 武士さむらひ やつ くゞ 生魚なま 私等わたへら しま 調とゝの 蹂躙にじ くら 飲食のみくひ 仰山ぎようさん 坐睡ゐねむり うしろ 微笑ほゝゑ こは 懈怠けだる わし 糊付のりづけ しな よん ちやう 丁稚でつち 上町うへまち なん まる 可笑をか おんな あふ かじ ぶくろ めひ 尖端さき 幕間まくあひ いほり やす わざ ひろ ばち つか つか かな 明日あした やみ かぢ 棚卸たなおろし あらた 此処こゝ 河中かはなか 河岸がし 温味ぬくみ たゝ さゞなみ やうや すゝ 燐寸マツチ まば 癇癪かんしやく やゝ から うかゞ 素人しろと やに 荷作につくり 華奢きやしや 表書うはがき 阿呆あほ
題名が同じ作品
鱧の皮 (旧字旧仮名)上司小剣 (著)