“都合”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つごう67.3%
つがふ27.3%
つがう2.7%
ぐつ0.9%
つごふ0.9%
つもり0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この竹の筒のやうなものが都合十八あつたのを取りへ取り更へてかけて見たが、過半は西洋の歌であるので我々にはよくわからぬ。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
られる都合ならばまでのやうにお世話りにまする、るべくは鳥渡たちりにぐも出京したきものとくいへば
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ふるに春枝夫人日出雄少年部室部室とは隣合つてつたので萬事いて都合からうとはるゝ。
「あんさんのお父つぁんに都合が悪うて、私は顔合わされしまへんがな」柳吉は別に異をてなかった。
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
都合五日目には、鐵車此處つて、萬歳へる出來ませう。
引止められるのを振切ってこれから大阪へ下ろうという都合