“都合上”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つがふじやう66.7%
つごうじょう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
執筆しつぴつ都合上つがふじやう赤坂あかさか某旅館ぼうりよくわん滯在たいざいした、いへ一堪ひとたまりもなくつぶれた。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そんな辣腕らつわんたちちがつても、都合上つがふじやう勝手かつてよろしきところくるまへるのが道中だうちう習慣ならはしで、出發點しゆつぱつてんで、とほし、とめても、そんな約束やくそくとほさない。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そうして位地いち都合上つごうじょう、やはり床屋のそれのごとくに直立していた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)