“五日目”の読み方と例文
読み方割合
いつかめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
荒浪印度洋進航つてからも、一日二日三日四日、とれ、けて、五日目までは何事もなく※去つたが、六日目とはなつた。
三四郎はその日から四日ほど床を離れなかった。五日目にこわごわながら湯にはいって、鏡を見た。亡者の相がある。思い切って床屋へ行った。そのあくる日は日曜である。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
五日目です……れました。
浅茅生 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)