“五日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いつか97.4%
ごんち2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いゝえ、一緒ですから……でも大雪なぞは、からえますと、こゝに一人きりで、五日六日しますよ。」
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
とうとう、いそりがてから、五日めになりました。みんなは、今日こそってくるだろうと、をながめていました。
黒い人と赤いそり (新字新仮名) / 小川未明(著)
「さよう。五日行かないうちにそう急に変るわけもなさそうですが、まあ行ってみるか」
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)