雪霊記事せつれいきじ
「此のくらゐな事が……何の……小兒のうち歌留多を取りに行つたと思へば——」 越前の府、武生の、侘しい旅宿の、雪に埋れた軒を離れて、二町ばかりも進んだ時、吹雪に行惱みながら、私は——然う思ひました。 思ひつゝ推切つて行くのであります。 私は此 …
作品に特徴的な語句
地方ゐなか おもひもの あひ 可愛いとし おほき うま あたゝか ほつそ 筒袖こひぐち ステツキ 容易やさし うへ 庖丁はうてう 出入ではひ 俯向うつむか 穿はき 上下じやうげ うも ぼつ けはし すゞ 可懷なつかしさ 引被ひつかぶ まへ いにしへ やさし 仰向あをむ わざ をんな おほ いへ 宿しゆく そつ たづ たづ ことば 見透みとほ とほ 就中とりわけ 逡巡しゆんじゆん 峠路たうげみち 引返ひつかへ あれ あひだ みづか なん 故郷こきやう つめた はう 細流せゝらぎ あたゝか 音信おとづれ 柔順すなほ 立合たちあは 町端まちはづ りやく うつゝ あふ じつ 代替だいがは じやう かゝ そめ 老人らうじん 耳朶みゝたぶ ちつ れつ ゆび 憧憬あこが つゝ のう はし あやし せき こゝろざ こゝろ てつ かさな 消息せうそく わづら ちやう なゝ 畷道なはてみち とう 片端かたつぱし さわやか もと 通過とほりす てき 吹雪ふゞき もぐ しやく つう 引包ひきつゝ
題名が同じ作品
雪霊記事 (新字新仮名)泉鏡花 (著)