浅茅生あさじう
鐘の聲も響いて來ぬ、風のひつそりした夜ながら、時刻も丁ど丑滿と云ふのである。……此の月から、桂の葉がこぼれ/\、石を伐るやうな斧が入つて、もつと虧け、もつと虧けると、やがて二十六夜の月に成らう、……二十日ばかりの月を、暑さに一枚しめ殘した表 …
作品に特徴的な語句
退どく そよ つゝ 美人たをやめ かツ 歩行ひろ うは せきばらひ とほ かうむ ゆり おつ 退しさ あひ おほき てかけ のつ 悚然ぞつと ほつそ うま ずき ふせ 其方そのはう 植込うゑこ きしみ 見透みとほし 突掛つゝかゝ ちひさ 女性をんな やまひ 地摺ぢず よし あかり かをり そま 其方そちら うへ 口惜くちをし づま 相應そぐ づま なゝ あやふ 矢張やつぱ 出入ではひ 早々さつさ さだま 牛乳ぎうにう はりがね 臨終りんじう 仰向あをむ 心掛こゝろがか こほ じつ すゞし きり かは ぜめ はづ 刺繍ぬひとり まへ 確乎しか やはら 如何いかゞ しはぶき すゞ 一時いちどき うら うつす 夜中やちう かち しま 太息おほいき いゝえ 道理もつとも 生死しやうし かへ 機會しほ をんな 造作ざうさく 引被ひつかぶ 醫師せんせい 引返ひつかへ 素直まつすぐ ちひ わざ