酒中日記しゅちゅうにっき
五月三日(明治三十〇年) 「あの男はどうなったかしら」との噂、よく有ることで、四五人集って以前の話が出ると、消えて去くなった者の身の上に、ツイ話が移るものである。 この大河今蔵、恐らく今時分やはり同じように噂せられているかも知れない。「時に …
作品に特徴的な語句
退ひい くお はじまり よせ すか えんがわ いで やすっ いずれ たっ 躊躇もじもじ おや たて さむ 何時いつで しも きわめ かか つち 何処どっこ あら ふち あっ あたえ いい ねたむ 被仰おっしゃら 莞爾にこにこ 背負おぶっ 恐怖おそろし 何処どこか 外出そとゆき こし ちっ おこない うるわ おり あさっ 父上おとう ろうか もてあ 富豪ふうごう あんまり あげ しい いい 判然わから とう 外出でか いず たっ 三絃しゃみ おお あたっ ふる さきだ なくな とっ かお うか ごん ただれ すべて たすく 縁端えんがわ あい いれ 性急せわし おつ 可笑かし べか なか いず 何人なにびと かわり 何時いつし 午後ひるから 可愛かわ ぬい つら 小柄こづくり 悠然ゆっくり 乗掛のしかか けし とげ たら とど 喫驚びっく 安価やすい