“鬼門”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きもん95.5%
おにかど4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
災厄をも親しく遇した。不運ともよく馴染み、その綽名を呼びかけるほどになっていた。「鬼門さん、今日は、」と彼はいつも言った。
「江戸の喉首、吉原への通ひ路、山谷堀へ緒牙船で入らうといふ左手に鎭座まします、江戸城から見るとこれが鬼門に當る」
手下四五人、稲葉太郎荒象園の鬼門彼処に有りて威をにす。われは黙して俯向きぬ。国麿はじりりと寄りて
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
稲葉太郎荒象園鬼門なりと名告りたり。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)