“鬼気”のいろいろな読み方と例文
旧字:鬼氣
読み方割合
きき93.3%
すごみ6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
呂宋兵衛の辞退をきくと、半助は、だれも刑場へでると、一鬼気におそわれる、その臆病風見舞われたなと、苦笑するさまで
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鬼気せまる鬼仏洞内での双方の会見は、お昼前になって、ようやく始まった。も明り窓一つない洞内では昼と夜との区別はないわけである。
鬼仏洞事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そうした一種の鬼気を含んだ船長の顔と、部屋の隅でバナナを切っている伊那少年の横顔を見比べると、まるで北極と南洋ほど感じが違う。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)