“刑場”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けいじょう50.0%
けいぢやう25.0%
しおきば25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「当日、都田川刑場で、伊那丸を太刀とり、それも呂宋兵衛とそちとに申しつけてあるが、用意万端、手ぬかりはあるまいな」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
差出し郡奉行其外掛役々へは出立の儀申渡す等其混雜が如くなり茲に又九助は引廻しの馬の上にられ既に相良の城下まで引れ來り今刑場まんとする時江戸の方より來りし早打侍士引止られ檢使の役人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
霜夜の刑場とも思われる。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)