“處刑場”の読み方と例文
新字:処刑場
読み方割合
しおきば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
妨げ致す段その罪最も重ければ光の手にりて相果ずともに於て死罪に處し處刑場の土と可きところ高運にも光が手に掛りたれば捨札に惡名を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
三年前、少しばかりの油斷から、其方の繩に掛つたが、鈴ヶ森の處刑場に引出されるといふ間際になつて、仲間のものの助勢で、首尾よく繩拔けをし、上方へ行つて暫らく時節を待つた。
笹野新三郎の記憶にはこの首の相好が燒き付くやうに、まざ/\と殘つて居ります、忘れもしないそれは、今日鈴ヶ森の處刑場で打ち落した首の一つ、死に際まで生の執着にもがき拔いて、一番