“上方”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かみがた91.3%
うへ2.3%
カミガタ1.2%
じょうほう1.2%
うえ0.6%
あっち0.6%
うえかた0.6%
かみ0.6%
かみかた0.6%
かみて0.6%
こっち0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ばたで声のするように、こうした上方女郎衆の輸送は、三日にあげず通った。もちろん流れてゆく先は、新開発の江戸表である。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これらの位みな上方を視る、かれらまたその力を強く下方に及ぼすがゆゑに、みな神のに引かれしかしてみな引く 一二七—一二九
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
講義中の先生は私もその名をよく心得ているその道の大家で、東京と上方の芸者の作法や習慣の相違を説き明していらッしゃる。
『梅見の船』巻七に挿入したる半次郎が猿寺住家の図は、土佐派古画の絵巻物に見ると同じき方法を取り屋根を除きて上方よりに家の内外間取りのさまを示したり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
そして何処やらに唐風なところがあります。ずその御門でございますが、屋根両端上方にしゃくれて、そう光沢のある、大型立派いてあります。
名古屋にゃ上方で友達になった海老団治って奴にたいそうな人情噺の名人があるってしょっちゅう聞かされていたもんで、それからそのおっ師匠さんとこへ草鞋をぬいで
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
一行が竹敷浦(今の竹敷港)に碇泊した時の歌が十八首あるその一つで、小判官大蔵忌寸麿の作である。「うへかた山」は上方山で今の城山であろう。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
娘のころ、大阪の住友家に奉公に出ていた母はよく『男の子は上方へ奉公にやらな出世しやへん』と口ぐせのようにいっていた。
蕩樂者にてにもにもかゝらぬ人間なりしに先年上方へ行と云て
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ルバコンテの上方に、めでたく治まるをみおろす寺ある山に登らんため、右にあたりて 一〇〇—一〇二
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
お酒だけは、上方がよかった。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)