“邑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むら50.0%
まち28.6%
ゆう10.7%
ムラ7.1%
いふ3.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして、女たちの刈りとった蓮積み車が、に戻って来ると、何よりも先に、田居への降り道に見た、当麻のの騒ぎの噂である。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
こゝに谷は三叉をなし、街道はゲリジム山麓を西に折れてナブルスのに到る。余等はヤコブの井を見る可く、大道より右にきれ込む。
滄客の家は頗るであった。年は四十になったところで二人あるのうち、長男の吉というのは、十七歳での名士となり、次男もまたであった。
劉海石 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
さうして、女たちの刈りとつた蓮積み車が、廬に戻つて来ると、何よりも先に、田居への降り道に見た、当麻のの騒ぎのである。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
追撃して、封内(三〇)故境りて、いてる。らず、(三一)兵旅き、約束き、誓盟してれり。