“僻邑”の読み方と例文
読み方割合
へきゆう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いかに刀剣に対して眼のない溺愛の大膳亮とはいえ、もし彼が、この北境僻邑にすら今その名を轟かせている江戸南町奉行の大岡越前が
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
世に変人奇物とて、ことさらに山村僻邑におり世の交際を避くる者あり。これを隠者と名づく。
学問のすすめ (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
たとえば今、日本大政府の諸省に用うる十露盤も、寒村僻邑の小店に用うる十露盤も、乗除の声に異同なきは、上下の勘定法に関所なきものなり。帳合の法もかくありたきことと余輩の願う所なり。
小学教育の事 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)