小学教育の事しょうがくきょういくのこと
小学教育の事一 教育とは人を教え育つるという義にして、人の子は、生れながら物事を知る者に非ず。先きにこの世に生れて身に覚えある者が、その覚えたることを二代目の者に伝え、二代目は三代目に授けて、人間の世界の有様を次第次第に良き方に進めんとする …
作品に特徴的な語句
きこゆ うれう たずぬ となえ たつ 苦情こごと うれい りゅう 蘿蔔らふく しこう かえりみ 一味ひとあじ 三田さんだ 下民かみん 世帯せたい 仕切しきり 便たより 出来でき もとい 好事ものずき じつ さしお こと うたがい 神戸かんべ 細根ほそね 草臥くたびれ 読本よみほん たっと のぶ たが 頓着とんちゃく 〆揚しめあ 三田みた 了承りょうしょう まじ 仕合しあわせ 仕立したて あたい 僻邑へきゆう おおやけ 公事くじ しるし 喋々ちょうちょう 在町ざいまち 字面じづら 家内かない 就中なかんずく 差支さしつかえ 市在しざい 帳合ちょうあい 干鰯ほしか 幸甚こうじん わきま 御意ぎょい 手形てがた 手間てま 提灯ちょうちん 摂州せっしゅう 方今ほうこん 普請ふしん 書付かきつけ いま 桁行けたゆき 桟敷さじき 梁間はりま 楷書かいしょ 横文おうぶん まさ ごと あわ 漢音かんおん さかい 盛否せいひ 相対あいたい 神戸こうべ まれ たね 稽古けいこ 立場たてば 符牒ふちょう 粗漏そろう 素読そどく 細根さいこん 経書けいしょ たて そむ こうむ 行灯あんどん 覚束おぼつか 説弁せつべん 諭告ゆこく おもむき 身代しんだい くら 迂闊うかつ