“邑久”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おく80.0%
おおく20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この形の鈴は三番叟の舞ぐらいにしか今はもう見られないが、備前の邑久郡でもこの草をコンガラ様の鈴と呼んでいる(『中国民俗研究』二号)。
かかる名蹟を畑として米の四、五俵得たりとて何の穫利ぞ。木戸銭取って見世物にしても、そんな口銭は上がるなり。また備前国邑久郡朝日村の飯盛神社は、旧藩主の崇敬厚かりし大なる塚を祭る。
神社合祀に関する意見 (新字新仮名) / 南方熊楠(著)
おおかたこれも一人の不親切な女の、後で罰が当った話であったろうと思います。(邑久郡誌。岡山県邑久郡裳掛村福谷)
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)