日本の伝説にほんのでんせつ
日本は伝説の驚くほど多い国であります。以前はそれをよく覚えていて、話して聴かせようとする人がどの土地にも、五人も十人も有りました。ただ近頃は他に色々の新に考えなければならぬことが始まって、よろこんで斯ういう話を聴く者が少なくなった為に、次第 …
作品に特徴的な語句
さい とどま せば とう じき けがれ しも いぬい ともし かたわら 新橋にっぱし 出立でたち ゆる 上戸うえど 御衣おころも ほとり ぴき がら はた ゆる まり さる 三方みかた 三日みか 画像えぞう 越石こしいし あた 鳥越とりこし 鳥海とりのうみ 粟畑あわばたけ 草臥くたぶ 射手いで 築土つくど 高家たかいえ びと ごみ あるい おち 白鳥しらとり 手取てとり さく 穿 周吉すき 霖雨ながあめ にぎや 末吉すえよし 紹巴しょうは 索麪そうめん べに 柳瀬やないせ 宜山むべやま ちんば 宮前みやのまえ 谷汲たにぐみ 大音おおと ひろ 大山だいせん 有玉ありたま 小櫃こひつ 多気たき 城址じょうし 邑久おおく 小高おだか 那賀なが ごう 機殿はたどの 時平ときひら 見付みつけ 山門やまと 聟入むこい 岩城いわき 長生ちょうせい 日向ひゅうが 旋風つむじかぜ だけ 新居にい 洲崎すのさき 浅間せんげん 南部みなべ 雄勝おかち 雄蛇おんじゃ 雑魚じゃこ 雨宮あめみや 到津いとうづ 人丸ひとまる 仁田にた えき しるし 高市たかいち 登米とよま ひとり 高井たかい