“宜山”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぎざん50.0%
むべやま50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“宜山”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話](児童)100.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
此年文政三年の夏、鈴木宜山ぎざんに次いで、江戸から福山へ帰つたものに、馬屋原伯孝があつて、蘭軒がこれにも贈言ぞうげんしたことは、前に云つた如くである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
中に学殖あるものは「鈴木宜山ぎざん三箇角兵衛さんがかくべゑを推す」と云つてある。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
広島県蘆品あししな宜山むべやま
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)