“宜道”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎだう50.0%
ぎどう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大根を三四ぶらげて、今日御馳走つてたとつて、それを宜道てもらつてつた。宜道宗助相伴をした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
平凡として、今日きてた。聞達いものはなかつた。はたゞとして、宜道つたのである。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
二度目に眼がめた時、彼は驚ろいて飛び起きた。縁側へ出ると、宜道鼠木綿の着物にを掛けて、甲斐甲斐しくそこいらを拭いていた。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
彼は山を出る前に、何とかこの間の問題に片をつけなければ、せっかく来た甲斐がないような、また宜道に対してすまないような気がしていた。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)