“鼠木綿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねずみもめん87.5%
ねずもめん12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二度目に眼がめた時、彼は驚ろいて飛び起きた。縁側へ出ると、宜道鼠木綿の着物にを掛けて、甲斐甲斐しくそこいらを拭いていた。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
九郎右衛門は花色木綿の単物に茶小倉の帯を締め、紺麻絣の野羽織を着て、両刀を手挟んだ。持物は鳶色ごろふくの懐中物、鼠木綿の鼻紙袋、十手早縄である。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
見ると、鼠木綿の宗服を着たのが、虚無憎とみえますが、蠅をうけた以上、無論、掛絡天蓋ぎとられているので顔はさらしている。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ところへ、鼠木綿の宗服に尺八を持った二人づれの虚無僧が、今そこの前を通りぬけたかと思うと急に引っ返して来て、天蓋ったまま、馬春堂の机の前に立ち
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)