“早縄”の読み方と例文
旧字:早繩
読み方割合
はやなわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そう言いながらも必死と反抗するのを、引っ倒してパッと叩き伏せ、繰り出す早縄が、蛇のように若い男の両手を後ろに縛り上げます。
九郎右衛門は花色木綿の単物に茶小倉の帯を締め、紺麻絣の野羽織を着て、両刀を手挟んだ。持物は鳶色ごろふくの懐中物、鼠木綿の鼻紙袋、十手早縄である。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
三、四名は、特に懐剣と早縄などを袂にしのばせていた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)