“早苗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さなえ85.0%
さなへ10.0%
なえ5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高等科の列の中から正や吉次や、小ツルや早苗のうるんだまなざしが一心にこちらをみつめているのを知ったのは、壇をおりてからだった。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
湯崗子水にうつれる若蘆をふる里の田の早苗かと見る
どこの町でも魚類売りは行商人花形役者で……早乙女が採った早苗のように頭の天頂手拭をチョット捲き付けて
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)