“酢漿草”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かたばみそう50.0%
かたばみ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
饗宴は酒甕から酒の減るにつれて乱れて来た。鹿はれた若者たちの間を漫歩しながら酢漿草の葉を食べた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
彼の病原を洞察した宿禰は、蚯蚓と、酢漿草と、童女の経水とを混ぜ合せた液汁を長羅に飲ませるために苦心した。しかし長羅はそれさえも飲もうとはしなかった。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
酢漿草模様のネクタイを着けて、美しい頬には穏やかな片笑みを湛えていられたが、気の迷いか口辺、のあたりに幾分苦悩の跡を残しているように思われた。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)