二十四の瞳にじゅうしのひとみ
十年をひと昔というならば、この物語の発端は今からふた昔半もまえのことになる。世の中のできごとはといえば、選挙の規則があらたまって、普通選挙法というのが生まれ、二月にその第一回の選挙がおこなわれた、二か月後のことになる。昭和三年四月四日、農山 …
作品に特徴的な語句
やお 祖母おばん おなご 十分じゅっぷん ただし 女子じょし くろ 男児だんじ たい いと かわ かお ぱし やっ とん ちり ぐん がく なん うえ おそ 打開だかい 見通みとお 行李ごうり ぴょう 直接ちょくせつ だね 平時へいじ 微笑びしょう きょう りき 春寒はるさ 暴風ぼうふう 歌詞かし てき かぞ かか 状態じょうたい めず じょう 目的もくてき 価値かち かご ゆわ 網曳あみひ 翌朝よくちょう 一方いっぽう 嘉吉かきっ じゅん ぬの かわ 草加くさか 大石おおいし おっと いん くら せん 呼吸こきゅう やっこ 質素しっそ 対岸たいがん とっ 時世じせい ぼっ 墓標ぼひょう 明日あした 旅路たびじ うば 拍手はくしゅ 押入おしい はじ 引出ひきだ 往来おうらい 幾度いくど 幾人いくにん 布袋ぬのぶくろ 急激きゅうげき 巣立すだ 就職しゅうしょく 弟妹ていまい 手作てづく 手織てお 小人しょうじん