“嘉吉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かきち62.5%
かきつ25.0%
かきっ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
早くて。とっても。)(いがら律儀だもな。)嘉吉はまたゆっくりくつろいでうすぐろいてんをいて醤油につけて食った。
十六日 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
嘉吉の土一揆、民衆の強要による一国平均の沙汰は、彼の三十九歳の時のことで、民衆の運動は彼の熟知していたところであるが
「それで、嘉吉つぁんのさんは、おたっしゃかな」
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)