“嘉代”の読み方と例文
読み方割合
かよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「後家のお嘉代というのが荒物屋をやって、内々は高利の金まで廻しているという名代の因業屋だろう」
嘉代(嫂)には、吉田某というものがあったことにして置くと書いてよこした。その某は例の人を捨てて行方不明であるということにして置くと書いてよこした。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「うるさい奴だな。——お嘉代を刺して二百九十二兩を盜つた曲者なら分つて居るぢやないか」