“嘉兵衛”の読み方と例文
旧字:嘉兵衞
読み方割合
かへえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五十過ぎて、たった一と粒種——それも龍宮の乙姫様のように美しい娘に死なれた、三河屋嘉兵衛夫婦の歎きは、見る目も哀れでした。
ここの松下嘉兵衛などは、根が地侍だし、嘉兵衛自身が素朴な人だったが、それでも、清洲あたりの尾張侍の邸宅とは、そのたたずまいからして違っている。どことなく豊かなのだ。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
栃内和野の佐々木嘉兵衛という人は今も七十余にて生存せり。この若かりしころ猟をして山奥に入りしに、かなる岩の上に美しき女一人ありて、長き黒髪をりていたり。顔の色きわめて白し。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)