“嘉賞”の読み方と例文
読み方割合
かしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その内祝いというのは、去年以来の秀吉の内治戦功を嘉賞あらせられて、朝廷より彼にたいして、このたび従四位下、参議に補せらる、という叙旨を賜ったによるのであった。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
帝これを嘉賞し、故翰林学士、の遺子黛女を賜う。黛は即ちの姉にして互いに双生児たり。相並んで貴妃の侍女となる。時人これを呼んで花清宮裡双蛺と称す。時に天宝十四年三月。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
今日にも、藩邸へ出仕いたしたならば、君侯よりも、ご嘉賞のおことばが下がろう。追ッつけ、其方にも、お役付き仰せつけられるに相違ない。——土肥家の大祝事じゃ、よう、いたした
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)