“嘉助”の読み方と例文
読み方割合
かすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
養子にはいった当主の伊四郎はもちろん、番頭の嘉助さえなにも知らない。ただ徳次郎だけは、あたしの生きていることを知っている。
五瓣の椿 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
「おい! 浅に、喜蔵に、嘉助とが、俺と一緒に来るんだ! 外の野郎達は、銘々思い通りに落ちてくれ! 路用の金は、分けてやるからな!」
入れ札 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「ちゃうはあぶどり、ちゃうはあぶどり」と高く叫ぶ声がしてそれからいなずまのように嘉助が、かばんをかかえてわらって運動場へかけて来ました。
風野又三郎 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)