“嘉瑞”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かずゐ50.0%
かずい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
江戸には雪のざる年もあれば、初雪はことさらに美賞し、雪見の哥妓へ、雪の賓客き、青楼は雪を居続となし、酒亭は雪を来客嘉瑞となす。
聖代一の嘉瑞なり
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
左伝に平地尺にを大雪とと見えたるは国暖地なればなり。唐の韓愈が雪を豊年の嘉瑞といひしも暖国の論なり。されど唐土にも寒国は八月雪五雑俎に見えたり。
(新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
側近の者皆宝祚長久の嘉瑞なりと奉答したが、只万里小路藤房は、政道正しからざるに依り、房星の精、化して竜馬となり人心を動揺せしめるのだと云って、時弊を痛論した。
四条畷の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)