“韓愈”の読み方と例文
読み方割合
かんゆ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
左伝に平地尺にを大雪とと見えたるは国暖地なればなり。唐の韓愈が雪を豊年の嘉瑞といひしも暖国の論なり。されど唐土にも寒国は八月雪五雑俎に見えたり。
(新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
丁謂は蘇州長州の人、い時孫何と同じく文をにして王禹偁に謁したら、王は其文を見て大に驚き、唐の韓愈、柳宗元の後三百年にして始めて此作あり、と褒めたという。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
左伝に(隠公八年)平地を大雪とえたるは其国暖地なれば也。韓愈が雪を豊年嘉瑞といひしも暖国也。されど唐土にも寒国は八月雪五雑組に見えたり。